【Amazon】最大2.0% プライム会員は最大2.5%ポイントが貯まる詳細はこちら。

iPhone8にストラップを付けたい人必見!TORRASのバンパーケース

スマホ
この記事は約3分で読めます。

 

先日、iPhone8のプロダクトレッドを購入しました。

携帯電話を新しくしたら、まず購入したいのはケースと、保護フィルムですよね?

大事なスマホが割れたらかなりショックだと思います。

私は落下防止策としてストラップを付けるようにしています。

ストラップ穴付きのケースで、少しでもスリムなケースを使いたい人は参考にして下さい。

それでは、TORRASのバンパーケースを簡単にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

TORRAS iPhone 8 ケース / iPhone 7 バンパーケース

購入したのはこれ!ってパッケージからは外観はまったくわかりません。

箱から出すと、バンパーケースが現れます。

ケースというより、「枠」という表現の方が近いですね(笑)

素材が「アルミ」なので軽量です。

バンパーケースの装着感

実際にiPhone8をケースに入れてみました。

厚みはiPhone8本体とほぼ同じです。持った時のサイズ感もケース有と無の時とあまり変わりません。

操作性

サイドにある音量ボタンは、何の違和感もなく普通に押せます。

ただし、マナーモードに切り替えるスイッチはケースがある分、切り替えにくいです。私は常にマナーモード側にしているのであまり気になりませんが、頻繁に切り替える人にとっては少し不便だと思います。

ライトニングケーブルの抜き差しは何種類か持っているコードを試しましたが、すべてスムーズに差し込めました。

カメラ部分はケースのふちが0.5mm程出っ歯ているので机に直に置いてもカメラレンズが傷つくことはありません。

反対側(ディスプレイ側)には出っ張りがないので、上記の写真のように置くとディスプレイが直接接触します。

ディスプレイを下に向けて置く人は、保護フィルム必須です。

ストラップを付ける穴付き

左上にストラップを付けられる穴があります。

この穴があるからこのバンパーケースにしたといってもいい程のメリットです。

iPhoneにストラップを付ける場合、普通のケースにストラップを付けるか、充電端子部分のネジで固定する方法があります。

普通のケースはiPhoneのデザイン性が損なわれるし、ネジ固定式はネジを外すとAppleの保証対象外になってしまうので、なるべくiPhoneを裸で使いたい人はバンパーケースがおすすめです。

普段はこんな感じのストラップを付けてシャツの胸ポケットに入れています。

もし、手を滑らせても落下しないので安心です。

メリット・デメリット

メリット

  • スリムで軽い
  • 背面を覆わないので熱がこもりにくい
  • ネジも工具も不要、着脱はとても簡単
  • 各種ボタンやジャック類はバンパーに装着したまま使える
  • ストラップ穴がある

デメリット

  • 耐衝撃性能が不安
  • ディスプレイを下に向けておく際にディスプレイが直接接触する
  • マナーモード切替スイッチが切り替えにくい

商品はこちら

iPhone 8 / 7 共通

iPhone 8 Plus/ 7 Plus 共通

“TORRAS”が”TORRAS”ブランドの正規店です※販売者にご注意くださいね。

タイトルとURLをコピーしました