【Amazon】最大2.0% プライム会員は最大2.5%ポイントが貯まる詳細はこちら。

Surface(サーフェス)の意味・日本語訳について

Surface の情報
この記事は約2分で読めます。

Surface」という英語は、日本語で「サーフェス」・「サーフェイス」と読むことができます。主な意味は「表面」「外面」「水面」「面」です。

スポンサーリンク

マイクロソフトの「Surface」

出典:https://www.microsoft.com/ja-jp

マイクロソフトが発売しているパソコンの名称も「Surface」という名称ですね。マイクロソフトが発売しているSurfaceは、日本語カタカナ表記の場合、「サーフェイス」ではなく、「サーフェス」と表記しています。

製品名をどのように付けたかまでは、わかりませんが、おそらく「面」のように薄いパソコンという意味で「Surface」と名付けたのでしょう。

2012年から発売されているSurfaceシリーズですが、現在は4種類発売しています。

2012年に発売された初代SurfaceはWindows RTと呼ばれるOSを搭載していて、通常のWindows OSと互換性がなかった為、人気が出ず売上は低迷していました。

しかし、通常のWindows OSを搭載したSurfaceが登場してからは爆発的な人気商品となり、知名度も向上しました。

Surfaceシリーズは、Windows OSの開発元であるマイクロソフトが開発しているので、ブランドイメージもあり、サポート体制も整っています。

その為、Windows OSを搭載したパソコンを購入するならSurfaceがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました